OPP袋をはじめ、商品を包装する袋をお探しの方は有限会社早川製袋へ。様々な商品を開発、製造しております。別注品やテープ付、印刷入り袋にも対応可能。どんなサイズでも迅速に対応致します。まずは気軽にお問い合わせください

加工技術

  • HOME »
  • 加工技術

ミシン目加工

k1 ミシン目ローレットによりフィルムの流れ方向にミシンを入れます。
OPP袋を手で破ることができるので、ホテルのブラシなどに使用されています。
また、封筒などの入り口にミシン目を入れることによりふたが折れやすくなります。

テープ加工

k2 OPP袋の口部分にのりが付いてて封緘することができます。
用途により糊幅も5ミリー20ミリと変えることが出来ます。
また、開閉自在なタイプ 、再びフタを閉じることの出来ないセキュリティタイプなどもあります。

穴あけ加工

k3 パンチにより2ミリー60ミリと決められた位置にいくつも穴を開けることができます。
ヘッダー付OPP袋 ボトルネック またファイル、OPP袋の空気穴に使用します。

ガゼット加工

k4 上下2枚の板に丸い盤を差し込むことにより 袋部分にマチを入れます。
パン袋など 厚みのある品物を 包装することができます。

仕切り線加工

k5 OPP袋に仕切りを入れることにより 商品を二個入れたり 細長い商品を
ずれることなく収納します。

エンボス加工

k6 OPP袋にエンボス加工を施すことにより 商品とOPP袋の張り付きを防止したり 粘着テープなどの離型性を改善します。

ノッチ加工

k7 OPP袋にノッチを入れることにより シールのあとのカットがしやすくなります。

コーナーカット

OPP袋のテープ部分をの角をカットします厚みの有る商品の粘着の浮き上がりを防止します。

OPP袋に関するお問い合わせはお気軽に TEL 072-922-7121 平日朝9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © OPP袋は(有)早川製袋 All Rights Reserved.